HOME お知らせ 学会規約 入会申込 学会活動 ライブラリ 出版物 事務局  

[会報ディレクトリ] [機関誌ディレクトリ][全国大会の記録][地方部会報告記][学術交流記]



第33回全国大会のご案内

テーマ設定の思いと大会へのお誘い

ご案内が遅くなりましたが、お許しください。本年の大会は札幌の北海学園大学で、「企業不祥事とは何か」をテーマに9月6日と7日まで、澤野雅彦先生を大会委員長に、開催いたします。6日の記念講演はニトリホールディングスの似鳥昭雄会長に、7日の特別講演は三戸公先生にお願いしました。7月初旬にはプログラムをお届けしますが、これに先立ち、今ある情報をお届けします。どうぞ多くの方に参加いただき、経営の重大問題である企業不祥事について議論したいと思います。
さて、次から次から出てくる企業不祥事、様々な会社がおこすだけではありません。一つの会社が、時を置いて、幾度となく繰り返しています。なぜこのようなことになるのでしょう?繰り返し不祥事を起こした会社はついに独立した会社ではなくなってしまいました。
そもそも、そのほとんどが法的な不正行為であったのに不祥事(スキャンダル)と表現され企業不正にならないのでしょうか?なぜ社会、すなわちマスコミばかりか我々自身もがこのことを受容してしまうのでしょうか(そのように見えるのです)?企業の過ちに対してわが国の社会的な寛容性は高いということになるのでしょうが。では、なぜでそうなるのでしょう。このように考える私ども同様に、会員それぞれが違った疑問をお持ちのことと思います。
今回の大会で「企業不祥事とは何か」というテーマを挙げたのは、この経営上の現象が極めて不可解でかつ重要な研究対象であるがゆえに、それがなんであるか明確にすべきだと考えたからです。もちろん、簡単に答えの出るものではないでしょう。大会のテーマとして取り上げ、学会会員に、重要な問題として認識していただき、そのメカニズムを解き明かす努力に興味を持っていただきたいのです。
大会でおいでになる9月のこのころ、皆様は北海道の魅力あふれる自然や食べ物の誘惑に会われることと思います。しかしながら、目指すは北海学園大学のそれぞれの教室です。そこでの、哲学的行為にこそ最大の喜びがあるのです。会員の皆様お待ちしています。
                                経営哲学学会 会長
                                大会実行委員長
                                大平 義隆

テーマ:企業不祥事とは何か
 
大会日程:2016年9月5日(月)〜7日(水) (5日は理事会)

大会校:北海学園大学7号館(北海道札幌市豊平区)

大会委員長:澤野雅彦 実行委員長:大平義隆

大会プログラム(PDF)
 


第32回全国大会

大会校:慶應義塾大学(三田校舎)
大会日程:2015年9月7日(月)〜9日(水)
大会実行委員
  委員長:渡部直樹
  委員長代行:菊澤研宗
  委員:榊原研互氏 三橋平

大会の統一論題−経営学の意義−
セッション1―経営学の実践論的意義:日本企業の問題点と今後の方向性

        ヴァンデルベルガー(独:ミュンヘン大学)
        オルコット(英:慶應義塾大学)
        王英燕(中:広島市立大学)

       
司会 大平義隆(北海学園大学)
        コメンテーター 勝部伸夫(熊本学園大学)
                  吉森賢(元横浜国立大学)

セッション2―経営学の認識論的意義:経営学のミクロ的転回の可能性を探る

        石川伊吹(立命館大学) 高木俊雄(沖縄大学)
        宇田川元一(西南学院大学) 間島崇(専修大学)

        司会・コメンテーター 高橋正泰(明治大学)
                      大平浩二(明治学院大学)

セッション3―経営学の存在論的意義:統計を用いた研究が最強か?

        藤田誠(早稲田大学) 三橋平(慶應義塾大学)
        井上達彦(早稲田大学) 清水洋(一橋大学)

        司会・コメンテーター 榊原研互(慶應義塾大学)
                     渡部直樹(慶應義塾大学)

9月7日 9月8日 9月9日
理事会 自由論題
統一論題 セッション1
会員総会
懇親会
自由論題
統一論題 セッション2
統一論題 セッション3



第31回全国大会


日  時 2014年9月7日(月)*理事会・8日(火)・9日(水)
統一テーマ生命尊厳の経営哲学を考える
場  所 東京富士大学



「生命尊厳の経営哲学を考える」
7日(日)理事会
8日(月) 自由論題、統一論題1、会員総会、懇親会
9日(火) 自由論題、統一論題2



第1回:昭和59年(1984年)9月8日 東洋大学(甫水会館)

統一論題テーマ:経営哲学の基本問題
  • 時代と管理―「個と全体」の諸相として―
  • 武蔵大学 村田 晴夫
  • フォレットとバーナード―その機能論について―
  • 岩手大学 榎本 世彦
  • 経営哲学の基本問題―現代科学思想と経営学―
  • 愛知学院大学 佐野 守
  • エルトンメイヨー―初期の思想について―
  • 九州大学 原田 実
  • 優良企業の社風と歴史
  • 東洋大学 上野 喬
  • 川崎造船所和議事件と平生釟三郎
  • 京都産業大学 柴 孝夫
  • 地域特性に根ざす経営理念―沖縄県に進出した本土企業との比較―
  • 琉球大学 上間 隆則



    第2回:昭和60年(1985年)10月1日〜2日 琉球大学

    統一論題テーマ:現代の経営理念
  • 伝統産業に生きる人々―越後上布史に学ぶ―
  • 会津短期大学 佐田 玄治
  • 近代日本の経営理念―歴史的概観―
  • 朝日大学 浅野 俊光
  • 東南アジアの経営風土―産業化の進行にともなう変容の方向―
  • 東京国際大学 伊藤 禎一
  • 経営理念の現代的課題
  • 愛知学院大学 佐野 守
  • 不平等の経営理念
  • 京都産業大学 渡辺 利得
  • ドラッカーの経営権力について
  • 西南学院大学 田代 義範
  • 労使関係に表われる価値観―日米比較―労使関係についての組合役員の意識―
  • 伊礼 恒孝



    第3回:昭和61年(1986年)9月7日〜8日 京都産業大学

    統一論題テーマ:現代企業と経営哲学
  • アルベルト・プレスマンの思想と行動―オランダ航空会社発展史の一こま―
  • 東洋大学 上野 喬
  • 女子労働と労務管理
  • 京都産業大学 筒井 清子
  • 経営における人間・社会問題―ドイツ経営社会政策論の展開―
  • 九州産業大学 佐護 譽
  • 経営理念と企業イメージに関する実証的研究
  • 愛知学院大学 佐野 守
  • 比較研究パラダイムに関する一考察
  • 沖縄国際大学 新城 俊雄



  • 第4回:昭和62年(1987年)8月31日〜9月1日 明治大学(駿河台校舎)

    統一論題テーマ:経営哲学の創造
  • ―その理論・実践の課題―経営理論と経営理念―経営理念論の役割―
  • 北九州大学 中谷 哲郎
  • 経営哲学の創造―とくに経営倫理学との関連において―
  • 大阪大学 高田 馨
  • 「科学体系」と「経営哲学」の再吟味―経営哲学の創造をめざして―
  • 東洋大学 島袋 嘉昌
  • 祈りの経営と価値観
  • 株式会社ダスキン 取締役 佐々木 直
  • 本田技研の経営理念
  • 本田技研工業株式会社 常任相談役 杉浦 英男
  • 私の経営理念―これからの経営者の生きる道―
  • 株式会社芝浦製作所 相談役 西野 嘉一郎



    第5回:昭和63年(1988年)9月21日〜22日 明治学院大学(白金校舎)

    統一論題テーマ:経営哲学の創造―グローバル時代における経営革新―
  • 人の国際化と経営理念
  • 早稲田大学 二神 恭一
  • 経営哲学の創造―ソ連のケース―
  • 青山学院大学 大島 国雄
  • 自己意識化する経営
  • 上智大学 奥田 健二
  • グローバル時代における新しい経営哲学
  • キャノン株式会社 代表取締役会長 賀来 龍三郎
  • 新しい展開期を迎えた海外経営―現状と課題―
  • 三ツ星ベルト 株式会社 社長室長 石井 治



    第6回:平成元年(1989年)9月29日〜30日 愛知学院大学

    統一論題テーマ:新しい時代の行動原理と経営革新
  • グローバル化時代に求められる経営者行動と異文化コミュニケーション
  • 青山学院大学 林 吉郎
  • 経営理念と組織文化
  • 神戸大学 加護野 忠男
  • 環境の変化と経営者
  • 豊田合成(株) 取締役会長 根本 正夫
  • 流通の革新性と経営感
  • ユニー(株) 取締役会長 西川 俊男
  • 企業の活性化と経営者の役割
  • 慶應義塾大学 清水 龍瑩



    第7回:平成2年(1990年)9月14日〜15日 早稲田大学(本部キャンパス9号館)

    統一論題テーマ:変容する日本的経営と経営哲学
  • マーケティング経路形成と経営者
  • 京都産業大学 渡辺 利得
  • 家の論理と倫理
  • 中京大学 三戸 公
  • 日本の経営理念にあらわれた価値観について
  • 早稲田大学 間 宏
  • 経営倫理と儒学思想
  • 高麗大学校 金 海天
  • 会社合併にまつわる課題
  • リンテック(株)代表取締役社長 庄司 昊明
  • 外資系企業の経営とその課題
  • スミスクライン ビーチャム ジャパン リミテッド 代表取締役会長 小山 八郎



    第8回:平成3年(1991年)9月20日〜21日 九州産業大学

    統一論題テーマ:国際化時代の企業観と経営哲学
  • 韓国企業の経営理念に関する一考察
  • 江原大学 金 正錫
  • 日本自動車産業の国際化と現地化をめぐる戦略理念の変遷と課題
  • 法政大学 下川 浩一
  • 社会貢献志向の経営思想
  • 西南学院大学 野藤 忠
  • 企業文化度を基準にした新しい企業概念を構想する
  • 東京経済大学 梅澤 正
  • 国際化時代の企業観と経営哲学―日ソ比較―
  • 青山学院大学 大島 國雄
  • グローバリゼーションと経営理念
  • 東京大学 土屋 守章



    第9回:平成4年(1992年)9月1日〜2日 専修大学

    統一論題テーマ:新経営哲学の創成と実践
  • 組織倫理学提唱―組織の活性と人間の活動―
  • 武蔵大学 村田 晴夫
  • 企業倫理の方法と実践―構成主義哲学・科学理論からの接近―
  • 新潟大学 鈴木 辰治
  • 管理思考の呪縛
  • 愛知学院大学 北野 利信
  • 共生の理念と実践
  • キャノン(株)取締役会長 賀来 龍三郎



    第10回:平成5年(1993年)12月4日〜5日 愛知学院大学

    統一論題テーマ:転換期における経営哲学の探求
  • 大転換プログラムとしての経営哲学
  • 京都大学 日置 弘一郎
  • 新しい経営指導原理の構築―その可能性と条件―
  • 日本大学 菊池 敏夫
  • 企業リストラ時代と経営哲学の転換―自動車産業リストラのケースを中心に―
  • 法政大学 下川 浩一



    第11回:平成6年(1994年)9月21日〜22日 明治学院大学

    統一論題テーマ:変革期の経営哲学と経営戦略―コーポレート・ガヴァナンスをめぐって―
  • コーポレートガバナンスの背景としての企業倫理
  • 東洋大学 斎藤 弘行
  • 明治維新期における住友・広瀬宰平の企業者活動―その戦略と理念―
  • 大阪国際大学 作道 洋太郎
  • 日本的経営とコーポレート・ガヴァナンス
  • 中部大学 小沼 敏
  • コーポレート・ガヴァナンスの国際比較と日本型システム―その方向の探究―
  • 日本大学 菊池 敏夫
  • 変革期において日本型経営はどう対応すべきか―人事管理を中心として―
  • 日本タッパウェアー(株) 梅津 祐良



    第12回:平成7年(1995年)9月19日〜20日 青山学院大学(青山キャンパス)

    統一論題テーマ:現代日本の経営哲学―経営システムの再構築をめざして―
  • 経営戦略と正義
  • 早稲田大学 小林 俊治
  • わが国経営システムの再検討
  • 神戸学院大学 井上 薫
  • 資本投資戦略の再構築
  • 青山学院大学 蜂谷 豊彦
  • 商店街の立地管理的考察:マーケット・エリアの形成過程を中心にして
  • 京都産業大学 渡辺 利得
  • メガコンペティションに勝ち残る『感動の経営』
  • ユニチャーム株式会社 高原 慶一朗



    第13回:平成8年(1996年)9月6日〜8日 立教大学池袋キャンパス

    統一論題テーマ:新しい経営哲学の探求―情報、雇用、環境をめぐって―
  • 情報化と企業倫理
  • 都立科学技術大学 島田 達巳
  • インテグリティ志向の経営理念と倫理戦略―新しい経営哲学の創造と倫理の実践―
  • 富山大学 水谷内 徹也
  • 企業における倫理判断手続き―統合社会契約論の応用―
  • 高麗大学 高 巖
  • 女性雇用と経営哲学―男女雇用機会均等法施行10年を振り返って―
  • 京都産業大学 筒井 清子
  • 環境、情報、そして状況
  • 中京大学 三戸 公



    第14回:平成9年(1997年)9月13日〜14日 帝塚山大学

    統一論題テーマ:地球環境問題と経営哲学
  • 地球環境問題と知足・共生経営
  • 追手門学院大学 西岡 健夫
  • 廃棄物処理マネジメントの指導理念
  • 日本大学商学部 真船 洋之助
  • 組織のコスモロジーと経営哲学―「地球環境問題」のリアリティーを求めて―
  • 帝塚山大学 三井 泉
  • 環境会計の発展―エコバランスを利用する環境会計の展開―
  • 国際基督教大学 宮崎 修行
  • 「21世紀の選択」―沖縄は日本の先進的モデルになれるか―
  • 国際基督教大学名桜大学 宮平 進



    第15回:平成10年(1998年)10月31日〜11月1日 名桜大学

    統一論題テーマ:経営哲学と地域の活性化
  • 東アジアの共生資本主義と儒教的経営
  • 釜山大学名誉教授・釜山發展研究員 金 日坤
  • ゼロエミッション―自然生態系に学ぶ経営思想―
  • 琉球大学 伊波 美智子
  • 地球開発と企業の役割
  • 敬愛大学 吹田 尚一
  • 地球環境と経営の逆説的二重構造
  • 京都産業大学 渡辺 利得
  • 経営多元主義と環境経営―超越理論の実践―
  • 千葉大学 村山 元英
  • 台湾企業の現況と展望
  • 中華民国企業管理顧問協会 劉 成基



    第16回:平成11年(1999年)10月16日〜17日 中央学院大学

    統一論題テーマ:経営哲学とは何か―方向と課題―
  • 「経営」の概念とその文明論的意味
  • 中京大学 中條 秀司
  • 科学としての経営学と経営哲学
  • 明治学院大学 大平 浩二
  • 経営哲学について―方向と課題―
  • 桃山学院大学 村田 晴夫
  • 子供のための経営哲学
  • 京都大学 日置 弘一郎
  • 経営哲学研究の類型と経営学説研究
  • 明治大学 小笠原 英司
  • 経営哲学への企業文化論からのアプローチ
  • 東京経済大学 梅澤 正



    第17回:平成12年(2000年)10月20日〜22日 新潟経営大学

    統一論題テーマ:経営哲学を問う―21世紀を迎えて―
  • 経営における科学と哲学
  • 立教大学・中京大学名誉教授 三戸 公
  • 経営哲学の現在―20世紀から21世紀に向けて―
  • 流通科学大学 庭本 佳和
  • 新世紀の経営哲学をもとめて
  • 早稲田大学 厚東 偉介
  • 大文字の第二次科学革命:経営哲学との関連を含めて
  • 中央大学 吉田 民人
  • 経営哲学者に求められるもの
  • 麗澤大学 高 巌
  • 経営哲学の役割と実践への適用原則―21世紀における経営哲学の一方向の確立をめざして―
  • 新潟大学 鈴木 辰治



    第18回:平成13年(2001年)9月14日〜16日 関西大学100周年記念会館

    統一論題テーマ:経営学と科学―経営哲学の存在を問う―
  • 経営学の研究方法と学的性格―経営哲学の存在を問う―
  • 愛知産業大学 増田 茂樹
  • 経営哲学の旅路―歩く学問:東西・南北―
  • 中京大学 村山 元英
  • 経営哲学と企業の社会性―企業とNPOのコラボレーションを中心にして―
  • 東北大学 大滝 精一
  • 管理の正当性―官僚制組織における支配権力との関連で―
  • 神戸学院大学 稲村 毅
  • 組織離れ時代における経営哲学の根源―欧米における日本的経営の実質的定着化に関連して―
  • 大阪明浄大学 大橋 昭一



    第19回:平成14年(2002年)9月27日〜29日 早稲田大学

    統一論題テーマ:経営哲学の新たなる探求・・・総括的シンポジウム大会
  • 1.経営哲学の課題
  • 甲南大学 庭本佳和
    東北大学 大滝精一
    大阪明浄大学 大橋昭一
  • 2.経営哲学の領域と方法
  • 中京大学 中條秀治
    明治学院大学 大平浩二
    明治大学 小笠原英司
    東京経済大学 梅澤 正
    愛知産業大学 増田茂樹
    神戸学院大学 稲村 毅
  • 3.経営哲学の意義
  • 桃山学院大学 村田晴夫
    京都大学 日置弘一郎
    早稲田大学 厚東偉介
    中京大学 村山元英
  • 4.経営哲学の新たなる探究
  • 立教大学・中京大学名誉教授 三戸 公
    東大名誉教授 吉田民人
    村上陽一郎



    第20回:平成15年(2003年)9月12日〜14日 中京大学

    統一論題テーマ:日本の経営哲学は死んだか?

    テーマ1.日本の経営哲学は死んだか?
  • 1.日本の経営哲学は死んだか?
  • 桃山学院大学 村田晴夫
    甲南大学 庭本佳和
    武蔵大学 横倉 尚
  • 2.日本学と経営哲学の基層
  • 帝塚山大学 三井 泉
    信州大学名誉教授 北澤方邦
    京都大学 日置弘一郎
    テーマ2.日本の経営哲学―日本型経営を未来に問い直す‐
  • 3.日本の経営哲学、そして世界の経営哲学
  • 麗澤大学 高 巌
    桜美林大学 金山 権
    愛知産業大学 石井康彦
  • 4.“もう一つの”グローバリズムを探す
  • 多摩大学 グレゴリー・クラーク
    中京大学 村山元英
    桜美林大学 馬越恵美子



    第21回:平成16年(2004年)8月6日〜8日 青森公立大学

    統一論題テーマ:経営を生きる―経営者の役割を問う―

    1.大学経営
    青森公立大学 佐々木恒男
    和歌山大学 小田 章
    明治大学 山田雄一

    2.企業経営
    中京大学 中條秀治
    弘南バス株式会社 菊池武弘
    中央大学 菊澤研宗
    3.NPO経営
    プランニングネットワーク東北 中橋勇一
    京都産業大学 大木裕子
    4.行政経営
    明治学院大学 川上和久
    青森市長 佐々木誠造
    株式会社電通 澤 茂樹



    第22回:平成17年(2005年)9月2日〜4日 明治学院大学

    統一論題テーマ:経営哲学への挑戦

    1.エスタブリッシュメントへの挑戦
    江戸川大学 大石 剛
    株式会社一ノ蔵社長 櫻井武寛
    早稲田大学 厚東偉介

    2.未踏市場への挑戦
    横浜市立大学 斎藤毅憲
    プロフェッショナル・マネジメント代表(セブンイレブン・ジャパン元社長)
    工藤 健
    関東学院大学 芳賀康浩
    3.困難の克服からの挑戦
    明治大学 上原征彦
    吉野家D&C社長 安部 修二
    青山学院大学 三村優美子



    第23回:平成18年(2006年)9月3日〜5日 北海学園大学

    統一論題テーマ:地域を生きる経営哲学

    1.ミッション回帰で蘇った非営利組織:コープ札幌の挑戦
    中京大学 櫻井克彦
    コープ札幌専務理事 梅田眞男
    江戸川大学 大石剛

    2.自立的な創造性発揮組織への変革:最北の動物園の挑戦
    早稲田大学 厚東偉介
    旭川市旭山動物園園長 小菅正夫
    北海学園大学 澤野雅彦
    3.グローバルな事業展開と地域への貢献:地域に支えられた企業成長と地域を元気にする応援活動
    北海学園大学 田中史人
    株式会社ニトリ代表取締役社長 似鳥昭雄
    明治大学 上原征彦



    第24回:平成19年(2007年)8月31日〜9月2日 九州産業大学

    統一論題テーマ:企業観・事業観の経営哲学

    1.地域密着型企業 ソフトバンクホークスの挑戦
    報告者:福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役/江戸川大学 小林至
    日本アプライドリサーチ研究所 大石剛

    2.地図屋のIT革命:夢を現実に
    報告者:(株)ゼンリンデーターコム代表取締役社長/北九州市立大学 林秀美
    司会:北九州市立大学 齋藤貞之
    3.スターフライヤー:空への挑戦
    報告者:株式会社スターフライヤー代表取締役社長 堀高明
    司会:日本大学 三井泉



    第25回:平成20年(2008年)9月7日〜9日 慶應義塾大学

    統一論題テーマ:経営哲学の原点







    last update:Nov.1, 2004